トピックス

  
投稿日時 2021-11-11 14:34:55 (585 ヒット)

2021年11月8日にASDoQ大会2021を開催しました。
今回の大会では、『新しい世界と時代の文書品質』をテーマに、システムやソフトウェア開発文書はもとより、異なる分野にも目を向け、今後の開発文書のあり方や品質を高めるヒントを探りました。 今年も昨年に引き続きオンラインでの開催となりましたが、情報交流会に10件の話題提供をいただくなど多くの方に参加いただき、大変盛り上がった大会となりました。

第1部のチュートリアルでは、塩谷 敦子氏(ASDoQ/イオタクラフト)が「書いて仕事を進めよう!―開発文書をヒントに、文書を書くことで仕事の品質を上げるコツを学ぶ―」のタイトルでご講義くださいました。 文書を書くことを仕事につなげる方法として、プロセスにそった文書作成、ライティング技術を活用した仕事の進め方をミニ演習を交えて紹介していただきました。

(チュートリアル:塩谷 敦子氏)

第2部の講演会に先立ち、オープニングセッションでは、プログラム委員長の栗田さんからASDoQ大会2021の見どころについて紹介がありました。

(オープニングセッション:栗田 太郎 氏)

基調講演では、石川 冬樹氏(国立情報学研究所)が「オープンな世界と向き合うシステムにおける開発文書品質」のテーマでお話しくださいました。言葉をそろえて同じ理解を持たないとステークホルダーや開発者間で議論ができないのは、従来のシステム開発と変わらない。機械学習では、あいまいな要求に対応する必要があるため、大量のデータを学習させることによって具体例を作り上げて要求を実現していく必要があるということ。そのための課題やアプローチについて、実際の開発で行っている取り組みを基に解説していただきました。


(基調講演:石川 冬樹 氏)

招待講演では、染谷 美有紀氏(医学書院)が「内容の質を高め、読みやすい本をつくるには――看護書の編集・制作のプロセスから」のテーマでお話しくださいました。

第3部では情報交流会として、話題提供者と参加者との意見交換の場が設けられました。 ASDoQの活動報告に続き、10組の発表者により文書品質に関わる話題を提供していただきました。様々な切り口から開発文書の品質向上に取り組んだ事例はどれも興味深いものでした。皆さんが行っている取り組みのヒントになるものもあったのではないでしょうか。

■「オンデマンド型オンライン教育における用語統一の大切さ」
福島 泰子氏(名古屋大学大学院情報学研究科附属組込みシステム研究センター)

■「誤訳を生み出さないためにできること ~機械翻訳から校正を考える~」
山本 知広氏(ヤマハ株式会社)・宮外 真理子氏(PPBインターナショナル株式会社)

■「アジャイル開発における文書品質について考える」
谷﨑 浩一氏(株式会社ベリサーブ)

■「デジタル化によるソフトウェア要求仕様書の品質向上」
不破 慎之介氏(株式会社デンソークリエイト)

■「開発文書校正支援AIモデルの可能性」
森口 功造氏(株式会社川村インターナショナル)

■「特許明細書の標準化に向けた取組 ~特許文書品質特性モデル~」
谷川 英和氏(産業日本語研究会・IRD国際特許事務所所長)

■「OSSを活用した文書間一貫性の確保」
芦田 直之氏(株式会社デンソー)

■「RedPenを用いたシステム開発文書評価のための機能追加の試み」
藤田 悠氏(長野工業高等専門学校)

■「ゴールから逆算したプロセスで開発文書全体をMECEにする」
南部 妙水氏(アンリツ株式会社)

■「技術文書研修に求められる期待」
下野 宏美氏(株式会社 富士通ラーニングメディア)

 最後に、参加者にいただいたアンケート結果を示します。多くの参加者から満足したとのご回答をいただきました。
  

今回のASDoQ大会にご参加くださった皆さん、ご講演者の方々、またASDoQ大会開催に内外からご協力、ご支援、ご後援くださった方々に感謝いたします。ASDoQは、講演で得られた知見や、情報交流会で紹介された取り組み、また参加者の方々との有意義な議論などの本大会の結果を、今後の研究会活動に活かしていきます。

来年の大会は,2022年11月11日(金)、名古屋大学 野依記念学術交流館での開催を予定しております。
次回も是非ご期待ください。


投稿日時 2021-09-03 10:22:13 (868 ヒット)

2021年9月3日に,第27回研究会をオンライン(Zoom)にて開催しました.22名の方に参加していただきました.今回の研究会では,2つのテーマを取り上げました.


 1.「俳句練習はシステム開発文書品質の向上に役立つ?!」山本雅基(名古屋大学)


プレバトというTV番組の俳句コーナー(芸能人が詠んだ俳句を俳人の夏井先生がコメントして校正する)を気に入っている山本さんが,夏井先生の著書を紹介しながら,俳句と開発文書の関係をひもときました.


 システム開発を進める技術者は,最近,SlackやTeamsなどのチャットや帳票などに短い文を書くことが多くなっています.山本さんは,「短い文だからルーズに書いていた」と反省し,わずか17音の俳句に親しむと,「短い文だからこそ考えてきちんと書く」癖がついて文書品質が高まるのではと,指摘しました.実際に,自分で詠んだ俳句を紹介したり,面白い講演でした.皆さんも,俳句を詠んで,文書品質を高めてみませんか.

講演資料は,こちらから.

 2.「自然言語処理AIの技術動向 ~意味理解への期待と現実~」粕渕 清孝(株式会社 SCREENアドバンストシステムソリューションズ)


最近は,自然言語処理AIシステム・サービスの開発をしている粕渕さんが,技術動向の紹介とシステム開発工程へのAI適用について説明をして下さいました.


自然言語処理AIの意味理解への期待が高まっています.意味理解が概念と概念間の関係であるならば,現時点ではまだそのレベルに達していないでしょう.現在,意味理解実現のアプローチとしてスーパーコンピュータ並の計算環境と膨大なデータによる物量作戦が主流です.しかし,製造現場の再発防止・未然予防の視点からは別のアプローチも考え得るのではないでしょうか.例えば,AIが見出した知見を別のAIでも再利用できるようになれば,知見の漏れ抜けを恒久的に防ぐ知見エコシステムを構築できると考えています.

システム開発工程へのAI適用は問い合わせ効率化や設計改善支援など既に実用化されています.意味理解が実現されればさらに多くの適用先が増えるでしょう.会社には,多くの開発文書が存在します.その活用が進めば,生産性や品質を深い水準から高めることができます.今から自然言語処理AIを活用することが,将来のアドバンテージになるはずです.皆さんも,是非ご検討ください.

講演資料は,こちらから.


投稿日時 2021-05-31 12:36:42 (712 ヒット)

活動報告:2021年度定期総会・第26回研究会を開催しました.

2021年5月28日(金)に,2021年度定期総会と第26回研究会をオンライン(Zoom)で開催しました.

1.2021年度定期総会

事務局長の藤田さんの司会で,進行しました.はじめに,現在の会員数(個人会員96名,法人会員23社)が報告され,委任状と参加申込みの合計が会員数の1/2にあたる81となり,総会成立が確認されました.

議事は,2020年度の事業報告・会計報告・会計監査報告,役員改選,2021年度の事業計画・収支計画でした.事業については事務局長の藤田さんが,会計については会計の塩谷さんが,役員改選については代表幹事の山本さんが報告しました.

2011年7月11日に設立したASDoQが節目となる10年目に,運営委員会から役員交代が提案されました.代表幹事が山本雅基さんから塩谷敦子さんに,運営委員の奈良慶之さんが退任,内野将輝さんが加わる提案でした.それぞれ簡単な挨拶が行われました.

総会では,全ての議案が当初案の通りに承認されました.コロナ禍が続く2021年度ですが,代表幹事の交代と共に気分も一新して,システム開発文書品質に,明るく取り組んでいきましょう.

 
司会:藤田悠さん 新代表幹事:塩谷敦子さん 旧代表幹事:山本雅基 新運営委員:内野将輝さん
 
会員は,総会資料を閲覧できます.[会員メニュー - 活動の記録 - 第26回研究会(定期総会)] をご覧ください.
 

---◇--◇--◇--◇--◇---

2.第26回研究会

総会に続いて,第26回研究会が開催されました.今回は,2講演が行われました.会員は,講演の発表資料を閲覧できます.[会員メニュー - 活動の記録 - 第26回研究会(定期総会)] をご覧ください.資料に興味がある非会員の方は,どうぞこの機会に,会員にご登録ください.
 

講演1 

最初の講演は,新しく代表幹事になられた塩谷敦子さんの「システム開発文書品質10年よもやま話」でした.
 
塩谷さんは,2011年のASDoQ設立時から参画しておられて,10年間の活動を俯瞰されました.システム開発文書品質という未知の領域を,ASDoQが手探りで歩いてきたことがエピソードを交えて語られました.
 
そのうえで,業務経験からも感じてこられた開発業務と文書作成の関係が俯瞰されました.ソフトウェア品質評価の国際規格ISO9126-1に触発され,文書作成そのものを「文書開発プロセス」として捉えて,開発文書の品質向上に切り込む塩谷さんなりの取り組みも紹介されました.
 
さらに,ロードマップ部会が作成した開発文書品質の研究課題一覧が示され,ASDoQの活動領域がまだ大きく広がっていることが示されて,「みんなでシステム開発文書品質に取り組みましょう」と呼びかけられました.
 
シェイクスピア好きの塩谷さんは,マクベスで語られる「明けない夜はない」という台詞を引用されました.コロナの夜が続きますが,夜は夜なりにオンラインで活動しましょうと,締められました. 
  

 

 講演2

2つめの講演は,ASDoQ会員であり,かつテクニカルコミュニケーター協会(TC協会)にも属されている村田珠美さんの「開発者と並走したい、テクニカルコミュニケーター」でした.テクニカルライターは比較的,耳馴染みのある職種である一方,開発者の皆さんに馴染みの少ない「テクニカルコミュニケーター」を俯瞰した内容でした.
 
「対象とする相手に技術的な情報を伝える専門家」であるテクニカルコミュニケーターの仕事の内容や能力について,改めて知ることができました.取扱説明書を作成する過程で,実際に動作する製品に加えて,その要求仕様書や設計書などASDoQの関心事である開発文書も参照されます.
 
改めてテクニカルコミュニケーターから「用語統一の大切さ」や「後工程になるほど作業負荷が大きくなること」などの指摘を受けて,それらの重要性を再確認しました.開発の上流工程から,システム開発技術者と,テクニカルコミュニケーターが交流することの有益さが提示されて,目から鱗の方も多かったのではないでしょうか.
 
村田さんは「開発者とテクニカルコミュニケーターの並走」と言われていました.システム開発文書品質に着目するASDoQが,ソフトウェアやハードウェアの技術者だけではなく,テクニカルコミュニケーターの皆さんにも関心事となる場を提供していることが,よく分かりました.もちろん,それらの皆さんに限定されることなく,言語や論理や図形や表現など,情報の共有や伝達に関する全ての領域に広がりを見せていくことと思います. 
 
 
---◇--◇--◇--◇--◇---
 ASDoQでは,皆さんからの取り組み事例の発表をお待ちしております.
 
 2021年度のASDoQ大会は,11月8日(月)の午後に,オンラインで開催されます.予定を入れていただけると,とてもうれしいです.

 

 


« 1 (2) 3 4 5 ... 26 »

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:

次回からIDの入力を省略



パスワード紛失