トピックス

  
投稿日時 2022-06-15 17:52:34 (67 ヒット)

2022年度定期総会および第29回研究会を2022年6月7日(火) 16:00よりオンライン(Zoom)で開催しました。

1.2022年度定期総会

はじめに、本日の総会出席者の確認を行い、出席者42名、委任状提出50名により本総会の成立条件(会員数の1/2)を満たしていることを確認しました。 続いて、事務局より2021年度の事業報告と決算報告、2022年度の事業計画と収支報告について報告があり、この議案は委任状を含む参加者の皆さんの賛成多数により承認されました。

次にASDoQ運営より開発文書の改善すべき記述、例文集の作成、文書品質モデルの使いにくい点を修正する活動についての紹介がありました。今後の活動に向けて多くの例文や改善例を集めたいと考えておりますので、みなさまからの投稿をお待ちしております。

総会資料はこちらから

2.第29回研究会

第29回研究会では、石垣達也さん(産総研)から「自然言語処理による文書評価」のテーマでご講演いただきました。

自然言語処理入門では、対話Botを例に言語解析と言語生成について解説していただきました。言語解析では文章をどのように認識し意味を理解していくのか、言語生成ではこれまで主流だったルールベース、テンプレートによる手法から、より柔軟に言語生成が可能な確率ベースの手法にフォーカスが向いていることを解説していただきました。

次に評価の自動化手法では、生成されたテキストの多様な表現は正解が一意に定まらない点や必要な評価基準が異なる点についてどのように解決しているかを解説していただきました。自動評価は言い換えに弱いという問題点があり、現状は人手評価との組み合わせによる評価が必要とのことでした。

システム開発文書の品質評価を自動化することの可能性についてもお話いただきました。ここではASDoQ品質特性について、自然言語処理技術のどの技術が応用できるのか先生の考えを紹介していただきました。課題は多くあると思いますが、開発文書の自動生成、自動評価については今後研究が進み実用されていくことを期待したいですね。

最後に、最新の言語生成研究として、AIでのレーシングゲーム実況の生成について紹介していただきました。 リアルタイムで変化するレースの状況に合わせた実況は、発話の内容だけでなく発話のタイミングも考慮する必要があることから、人間が行う実況にどこまで近づくことができるのか大変興味のある事例でした。

3.オンライン交流会

オンライン交流会には石垣先生にもご参加いただき、参加者の皆様と自然言語処理技術や文書品質について意見交換が行われました。たくさんの方に参加いただき最後まで大変盛り上がりました。

 

次回のASDoQイベントは、8月8日(月)に第30回研究会をオンラインで開催予定です。詳細が決まり次第ご案内しますので、皆さん、ぜひご参加ください。

また、今年度のASDoQ大会2022は2022年11月11日(金)、名古屋大学 東山キャンパス内にある野依記念学術交流館での開催を予定しております。ご期待ください。


投稿日時 2022-03-19 12:34:50 (241 ヒット)

 202239日(水)15:00-18:00に、第28回研究会をオンライン(Zoom)にて開催しました。
今回の研究会では、アンリツ株式会社の南部妙水さんのご講演「ゴールから逆算したプロセスで開発文書全体をMECEにする」と、ASDoQからシステム文書品質モデルを使ったワークショップを行いました。 

1.講演~ASDoQ大会2021話題提供から~
  「ゴールから逆算したプロセスで開発文書全体をMECEにする」南部 妙水(アンリツ株式会社)

南部さんの講演ではソフトウェアの派生開発を行う中で、文書をMECEな状態に近づけるために実践されている方法について説明していただきました。
開発文書に変更を取り込む際には必要な情報が何かを見つけることが重要で、どのような仕様・設計にするか、どの文書に何を書くか、それをどう書くかということをひとつずつ整理していくという考え方を基に、この必要な情報をどうやって洗い出すかという方法について説明していただきました。
別の作業に紛れ込ませずしっかり時間を取ってそれぞれの作業に集中し、順番に進めていくことが効率と品質を確保する上でも大事だということを教えていただきました。

講演資料はこちらから

2.グループワーク&討議 「文書品質特性の視点から記述を改善してみよう」ASDoQ運営スタッフ

ASDoQで作成したシステム開発品質モデルの活用ガイドとして参考例を集める仕組みづくりを考えています。今回はそのトライアルとして、例文を使用し、どの品質特性、品質副特性に該当するのか、改善例としてどんな文章が考えられるのかを議論しました。最後に各グループの代表者により結果を共有していただきました。
同じ例文をでも異なる視点からの指摘があがるなど、参加者の皆様も興味を持って取り組んでいただけたと思います。
今後の活動に向けて皆様からのご意見、アイデアをお待ちしております。

講演資料はこちらから

次回のASDoQイベントは、6月7日(火)に2022年度総会・第29回研究会をオンラインで開催予定です。詳細が決まり次第ご案内しますので、皆さん、ぜひご参加ください。
また、今年の大会は,20221111、名古屋大学 野依記念学術交流館での開催を予定しております。ご期待ください。


投稿日時 2021-11-11 14:34:55 (524 ヒット)

2021年11月8日にASDoQ大会2021を開催しました。
今回の大会では、『新しい世界と時代の文書品質』をテーマに、システムやソフトウェア開発文書はもとより、異なる分野にも目を向け、今後の開発文書のあり方や品質を高めるヒントを探りました。 今年も昨年に引き続きオンラインでの開催となりましたが、情報交流会に10件の話題提供をいただくなど多くの方に参加いただき、大変盛り上がった大会となりました。

第1部のチュートリアルでは、塩谷 敦子氏(ASDoQ/イオタクラフト)が「書いて仕事を進めよう!―開発文書をヒントに、文書を書くことで仕事の品質を上げるコツを学ぶ―」のタイトルでご講義くださいました。 文書を書くことを仕事につなげる方法として、プロセスにそった文書作成、ライティング技術を活用した仕事の進め方をミニ演習を交えて紹介していただきました。

(チュートリアル:塩谷 敦子氏)

第2部の講演会に先立ち、オープニングセッションでは、プログラム委員長の栗田さんからASDoQ大会2021の見どころについて紹介がありました。

(オープニングセッション:栗田 太郎 氏)

基調講演では、石川 冬樹氏(国立情報学研究所)が「オープンな世界と向き合うシステムにおける開発文書品質」のテーマでお話しくださいました。言葉をそろえて同じ理解を持たないとステークホルダーや開発者間で議論ができないのは、従来のシステム開発と変わらない。機械学習では、あいまいな要求に対応する必要があるため、大量のデータを学習させることによって具体例を作り上げて要求を実現していく必要があるということ。そのための課題やアプローチについて、実際の開発で行っている取り組みを基に解説していただきました。


(基調講演:石川 冬樹 氏)

招待講演では、染谷 美有紀氏(医学書院)が「内容の質を高め、読みやすい本をつくるには――看護書の編集・制作のプロセスから」のテーマでお話しくださいました。

第3部では情報交流会として、話題提供者と参加者との意見交換の場が設けられました。 ASDoQの活動報告に続き、10組の発表者により文書品質に関わる話題を提供していただきました。様々な切り口から開発文書の品質向上に取り組んだ事例はどれも興味深いものでした。皆さんが行っている取り組みのヒントになるものもあったのではないでしょうか。

■「オンデマンド型オンライン教育における用語統一の大切さ」
福島 泰子氏(名古屋大学大学院情報学研究科附属組込みシステム研究センター)

■「誤訳を生み出さないためにできること ~機械翻訳から校正を考える~」
山本 知広氏(ヤマハ株式会社)・宮外 真理子氏(PPBインターナショナル株式会社)

■「アジャイル開発における文書品質について考える」
谷﨑 浩一氏(株式会社ベリサーブ)

■「デジタル化によるソフトウェア要求仕様書の品質向上」
不破 慎之介氏(株式会社デンソークリエイト)

■「開発文書校正支援AIモデルの可能性」
森口 功造氏(株式会社川村インターナショナル)

■「特許明細書の標準化に向けた取組 ~特許文書品質特性モデル~」
谷川 英和氏(産業日本語研究会・IRD国際特許事務所所長)

■「OSSを活用した文書間一貫性の確保」
芦田 直之氏(株式会社デンソー)

■「RedPenを用いたシステム開発文書評価のための機能追加の試み」
藤田 悠氏(長野工業高等専門学校)

■「ゴールから逆算したプロセスで開発文書全体をMECEにする」
南部 妙水氏(アンリツ株式会社)

■「技術文書研修に求められる期待」
下野 宏美氏(株式会社 富士通ラーニングメディア)

 最後に、参加者にいただいたアンケート結果を示します。多くの参加者から満足したとのご回答をいただきました。
  

今回のASDoQ大会にご参加くださった皆さん、ご講演者の方々、またASDoQ大会開催に内外からご協力、ご支援、ご後援くださった方々に感謝いたします。ASDoQは、講演で得られた知見や、情報交流会で紹介された取り組み、また参加者の方々との有意義な議論などの本大会の結果を、今後の研究会活動に活かしていきます。

来年の大会は,2022年11月11日(金)、名古屋大学 野依記念学術交流館での開催を予定しております。
次回も是非ご期待ください。


(1) 2 3 4 ... 25 »

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:

次回からIDの入力を省略



パスワード紛失