トピックス

  
投稿日時 2022-08-09 14:04:13 (220 ヒット)

 

2022年8月8日(月)15:00-18:00に、第30回研究会をオンライン(Zoom)にて開催しました。

コロナ禍前は毎年、サマーワークショップという合宿を開催していた時期です。
今回の研究会は、参加者10名という少人数でしたが、サマーワークショップのような雰囲気でワークを実施することができました。終了時間を超過し、非常に良い議論で盛り上がることができました。
 

1. [ワーク] 品質特性を具体化しよう
 
ASDoQでは現在、「システム開発文書品質モデル」を活用しやすくするため、ガイドブックなど解説文書の作成活動に注力しています。今回のワークでは、今まであまり深堀してこなかった品質特性「完全性」「論理性」の「測定項目」に対して、以下の4つの観点で具体化を検討しました。
  ①適合するためには、どこに何をorどう書くか?
  ②適合する記述例
  ③検証する方法
  ④その他、具体化する要素やヒント
    違反する記述例や、どう書いてはいけないか、品質特性や副特性や他の測定項目との関連性など
 
最初にASDoQ幹事の山本さんから文書品質モデルの5分解説、ASDoQ代表幹事の塩谷さんからワークの狙いと進め方の説明がされました。塩谷さんの作成した例に倣い、各自で具体化を検討しました。その後、3グループに分かれて、約1時間のグループ検討を実施しました。
 
各グループのまとめ役から、成果を発表していただきました。その際の主な気づきを以下に紹介します。
 
〇完全性-合目的、完全性-正確(山本)
  ・合目的の例がわかりやすい。皆で検討すれば、さまざまなパターンの例を作成できそう。
  ・正確とはどういう状態かが不明確。
  ・文書品質に直接関係しない測定項目が含まれている。
 
〇完全性-妥当、論理性-無矛盾(栗田)
  ・妥当の定義が、V&VのValidationの定義と異なる。
  ・妥当と合目的の違いが不明確。
  ・無矛盾と正確の切り分けが不明確。
  ・トップダウンアプローチで無矛盾に対応可能か不明。例えば、トロッコ問題のように要求自体に矛盾を抱えているものに対して、どう対処したらよいか不明。
  ・全ての情報を文書化できるわけではないし、すべきではない。この場合、文書化されていない情報との矛盾について、どうやって検出すべきか不明。
 
〇論理性-一貫、論理性-構造(塩谷)
  ・複数の測定項目に共通する具体的な記述法あり。
  ・論理性・構造は、完全性・合目的にも似ている評価項目あり。
  ・記述間および文書間の整合性は、多対多の関係で確認が必要。
  ・一貫していることと矛盾が無いことの違い。項目間の繋がり(一貫性)が無くても、矛盾が無いかは判断できる。
 
全体的に品質特性や品質副特性の定義が不明確であり、分かりづらさの課題が明らかになりました。また、文書品質モデルの改善案を多数挙げていただくことができました。今後の文書品質モデルの改善の参考とさせていただきます。
 

2. [討議] 文書品質モデル活用のコツを語ろう
 
最初に、進行担当の山本さんから本討議の狙いを説明していただきました。文書品質モデルをきっかけに、多くの方にとって、ライティングが上手くなり、開発文書の指導回数が減るといった改善につながると嬉しい。具体的にどういう活用方法が望ましいかを知りたい、とのことでした。
これを受け、参加者から具体的な活用事例として、以下の2件を紹介いただきました。
 
  (a) 仕様書作成やレビュー時の観点リストの強化に使用
  (b) 文書研修の前後で、文書作成能力の成長分析に使用
 
品質特性や品質副特性の分類に関連して、(a)のケースはあまり依存せず活用可能だが、(b)のケースは分類の仕方が重要となる、といった違いが見られました。
業務改善に向け文書品質モデルを上手く活用していただくため、多くの皆様からの活用事例の共有をお待ちしております。
 

3.情報交換会
研究会での議論を踏まえて、文書品質モデルの改善に向けた議論を継続し、最後まで大変盛り上がりました。会員の皆様のご意見をしっかり取り入れ、活用可能な文書品質モデルに改善していければと思います。引き続き、皆様のご協力をお願いいたします。
 

次回のASDoQイベントはいよいよ、11月11日(金)のASDoQ大会2022となります。名古屋大学 東山キャンパス内にある野依記念学術交流館とオンラインでのハイブリッド開催を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。
 


投稿日時 2022-06-15 17:52:34 (218 ヒット)

2022年度定期総会および第29回研究会を2022年6月7日(火) 16:00よりオンライン(Zoom)で開催しました。

1.2022年度定期総会

はじめに、本日の総会出席者の確認を行い、出席者42名、委任状提出50名により本総会の成立条件(会員数の1/2)を満たしていることを確認しました。 続いて、事務局より2021年度の事業報告と決算報告、2022年度の事業計画と収支報告について報告があり、この議案は委任状を含む参加者の皆さんの賛成多数により承認されました。

次にASDoQ運営より開発文書の改善すべき記述、例文集の作成、文書品質モデルの使いにくい点を修正する活動についての紹介がありました。今後の活動に向けて多くの例文や改善例を集めたいと考えておりますので、みなさまからの投稿をお待ちしております。

総会資料はこちらから

2.第29回研究会

第29回研究会では、石垣達也さん(産総研)から「自然言語処理による文書評価」のテーマでご講演いただきました。

自然言語処理入門では、対話Botを例に言語解析と言語生成について解説していただきました。言語解析では文章をどのように認識し意味を理解していくのか、言語生成ではこれまで主流だったルールベース、テンプレートによる手法から、より柔軟に言語生成が可能な確率ベースの手法にフォーカスが向いていることを解説していただきました。

次に評価の自動化手法では、生成されたテキストの多様な表現は正解が一意に定まらない点や必要な評価基準が異なる点についてどのように解決しているかを解説していただきました。自動評価は言い換えに弱いという問題点があり、現状は人手評価との組み合わせによる評価が必要とのことでした。

システム開発文書の品質評価を自動化することの可能性についてもお話いただきました。ここではASDoQ品質特性について、自然言語処理技術のどの技術が応用できるのか先生の考えを紹介していただきました。課題は多くあると思いますが、開発文書の自動生成、自動評価については今後研究が進み実用されていくことを期待したいですね。

最後に、最新の言語生成研究として、AIでのレーシングゲーム実況の生成について紹介していただきました。 リアルタイムで変化するレースの状況に合わせた実況は、発話の内容だけでなく発話のタイミングも考慮する必要があることから、人間が行う実況にどこまで近づくことができるのか大変興味のある事例でした。

3.オンライン交流会

オンライン交流会には石垣先生にもご参加いただき、参加者の皆様と自然言語処理技術や文書品質について意見交換が行われました。たくさんの方に参加いただき最後まで大変盛り上がりました。

 

次回のASDoQイベントは、8月8日(月)に第30回研究会をオンラインで開催予定です。詳細が決まり次第ご案内しますので、皆さん、ぜひご参加ください。

また、今年度のASDoQ大会2022は2022年11月11日(金)、名古屋大学 東山キャンパス内にある野依記念学術交流館での開催を予定しております。ご期待ください。


投稿日時 2022-03-19 12:34:50 (362 ヒット)

 202239日(水)15:00-18:00に、第28回研究会をオンライン(Zoom)にて開催しました。
今回の研究会では、アンリツ株式会社の南部妙水さんのご講演「ゴールから逆算したプロセスで開発文書全体をMECEにする」と、ASDoQからシステム文書品質モデルを使ったワークショップを行いました。 

1.講演~ASDoQ大会2021話題提供から~
  「ゴールから逆算したプロセスで開発文書全体をMECEにする」南部 妙水(アンリツ株式会社)

南部さんの講演ではソフトウェアの派生開発を行う中で、文書をMECEな状態に近づけるために実践されている方法について説明していただきました。
開発文書に変更を取り込む際には必要な情報が何かを見つけることが重要で、どのような仕様・設計にするか、どの文書に何を書くか、それをどう書くかということをひとつずつ整理していくという考え方を基に、この必要な情報をどうやって洗い出すかという方法について説明していただきました。
別の作業に紛れ込ませずしっかり時間を取ってそれぞれの作業に集中し、順番に進めていくことが効率と品質を確保する上でも大事だということを教えていただきました。

講演資料はこちらから

2.グループワーク&討議 「文書品質特性の視点から記述を改善してみよう」ASDoQ運営スタッフ

ASDoQで作成したシステム開発品質モデルの活用ガイドとして参考例を集める仕組みづくりを考えています。今回はそのトライアルとして、例文を使用し、どの品質特性、品質副特性に該当するのか、改善例としてどんな文章が考えられるのかを議論しました。最後に各グループの代表者により結果を共有していただきました。
同じ例文をでも異なる視点からの指摘があがるなど、参加者の皆様も興味を持って取り組んでいただけたと思います。
今後の活動に向けて皆様からのご意見、アイデアをお待ちしております。

講演資料はこちらから

次回のASDoQイベントは、6月7日(火)に2022年度総会・第29回研究会をオンラインで開催予定です。詳細が決まり次第ご案内しますので、皆さん、ぜひご参加ください。
また、今年の大会は,20221111、名古屋大学 野依記念学術交流館での開催を予定しております。ご期待ください。


(1) 2 3 4 ... 26 »

メニュー

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:

次回からIDの入力を省略



パスワード紛失